面接に着ていく服装はラフな服でも良い?

面接はスーツが鉄則です!

ドライバーの仕事というと、荷物を運んだり、フォークリフトを操作しているイメージが浮かびますよね。そんな肉体労働のイメージから、「もしかしたら面接もラフな服装でいいのかな?」と考える方もいるかもしれませんが、それは大間違いです。面接では第一印象が大切、といったことはよく知られていると思いますが、その第一印象を決めるのに服装は大きなウェイトを占めているんです。たとえば、飲食店できっちり制服を着ている店員と、だらしなく制服を着ている店員だったら、どちらの第一印象がいいでしょうか?もちろん、きっちり制服を着ている店員の方がしっかり仕事をしてくれそうですよね。面接も同じで、きちっとスーツを着ている方が「仕事をしっかりやってくれそうだな」という印象になります。また、この面接のために「わざわざ」スーツを着てきたという姿勢も、企業からしたら好印象に映ります。

身だしなみで気を付けることは?

スーツをきちっと着たら、あとは身だしなみにも注意しましょう。まずは髪型です。面接のときは、当然ですが面接官は顔を見て話をします。そのときに髪型がだらしなくなっていると、せっかくきちっと着こなしたスーツが台無しです。ビジネスマンがしている髪型を参考に、きっちりセットしましょう。寝癖は論外ですよ。
そして、余裕があれば、靴、かばんもチェックしましょう。ボロボロの靴やかばんだったりしていませんか?汚れていたりしませんか?「そんな細かいところなんていちいち見てないでしょ」とあなどってはいけません。面接官は、そういった細かい部分もよく見ています。新調が難しい場合でも、せめて磨く・拭くなどして、だらしなく見えないようにしてくださいね。